ホテルでの事例

あるホテルグループでは、ASPを導入することで、大きなメリットを得ています。

社員の勤怠管理を行っていたが、リアルタイムにさばけていなかった。
始業と、終業の打刻をしたいけれど、実際には、入館、退館のままになっていたり、正確に、業務自体を行った時間と、終わった時間の把握ができていませんでした。

また、部署により、勤怠管理体制を任せていたので、独自のマネージメントになってしまい、会社としての社員の残業時間や残業手当の把握に苦労していました。
こういったことから、各部署の管理体制のレベルに隔たりが出てきた場合もありました。

このホテルは、これまで、シフトマネージメントをASPでなく、紙ですべて行っていたため、承認などを含め、確認や入力が締め日前に集中していました。
紙の量が多くなるので、正確性も薄れ、現場との状況確認でさえ、何度も何度もしなければいけませんでした。

結局、そういった作業は一週間程度費やすことになっていました。
そして、同ホテルは、ASPを導入することを決めました。

その結果、ASPのシステムにより。リアルタイムでの入館などの勤怠管理が可能になり、その上。締め処理自体が大幅に効率化された。
おかげで、社員側も、きちんと勤怠管理されているということが伝わり、働くモチベーションにもなっているそうです。
ASPを導入することで、これまでのストレスがなくなり、人件費も抑えることに成功した事例の一つです。


24時間ユーザーの利用を受付することができる施設予約システムが人気ですよね。1人でも多くの顧客を獲得したいお店は利用してみよう。



What's New

2013/02/27
新着情報2を更新。
2012/11/20
新着情報を更新。
2012/04/17
成功事例を更新。
2012/04/17
運輸倉庫業者の場合を更新。
2012/04/17
婦人服販売店の場合を更新。
2012/04/17
医療業界での事例を更新。
2012/04/17
勤怠管理をASP導入で成功!!を更新。
2012/04/17
ホームページリニューアル

Recommend Entry

管理を一元化

紙ベースで管理している従業員勤怠管理は紛失などの恐れもあるので管理に不向きです。しかしASPであれば、まとめて一元化することができるから、導入するメリットが大きいと言えるのです。

イメージ分析

勤怠管理をASPにして、驚いたのは、データだけでなく、その意味するところまでイメージできるところ。ちゃんと分析して、それぞれの状況からどういう意味を持つのか理解できるんですね。